エイジングリテラシー

本人に認知症の自覚がない場合、どうやって病院に連れて行く?〜「認知症予防の最前線と早期発見のポイント」セミナーから(3)〜

「認知症予防の最前線と早期発見のポイント」セミナー質疑応答から 「家族が認知症のような気がするときに、初動はどうしたらいいだろう」 「認知症なのか加齢による物忘れの範囲なのか」 「一度、病院で検査を受けてもらいたいが、ど…

エイジングリテラシー

認知症早期発見のために知っておきたいこと〜「認知症予防の最前線と早期発見のポイント」セミナーから(2)〜

「認知症予防の最前線と早期発見のポイント」セミナーから 「家族が認知症のような気がするときに、初動はどうしたらいいだろう」 「加齢による物忘れのような気もするが見極める方法はないだろうか」 「本当は病院で検査を受けてほし…

エイジングリテラシー

認知症予防の現状と認知症の主な症状〜「認知症予防の最前線と早期発見のポイント」セミナーから(1)〜

「家族が認知症のような気がするときに、初動はどうしたらいいだろう」 「加齢による物忘れのような気もするが見極める方法はないだろうか」 「本当は病院で検査を受けてほしいけど、切り出せない」 これらの思い・悩みにこたえるべく…

家族のためのシニアケア/介護

【現状把握】親の「お金事情」を把握する

「ビジネス思考」で介護を乗り切る体験エッセイ
『今日も私はシゴトを辞めない!』

「突然親が倒れた! シゴトと介護の両立はできるのか!?」

母も父も突然倒れ、いきなり同時多発介護になった独身ワーキングウーマン・中村美紀50歳。

まるでわからない介護なのに、父母の容態が変わるたびに次々と起こる問題に、仕事一筋の経験を活かした「ビジネスフレームワーク」を使って、なんとか解決策をひねり出し、乗り切っていくコミカルな体験物語ーー。

エイジングリテラシー

Withコロナ時代、従業員を介護離職させないマネジメントリテラシーとは ~リモートワークで家族ケアと仕事の両立はすべての人の問題に~

リモートワークがニューノーマルとなり、多くのビジネスパーソンが家族との向き合い方を大きく変えています。在宅勤務が増えることで、仕事の仲間と過ごす時間よりも家族と過ごす時間の方が長くなり、仕事よりも自分の生活を重視するとい…

エイジングリテラシー

リモートワーク時代、従業員を支援する必須マネジメント手法とは ~在宅業務が引き起こす健康リスクから社員を守る~

Withコロナの時代は、リモートワーク・テレワークが「ニューノーマル」となる時代であり、従 業員の健康を守るために新しいマネジメントリテラシーが求められます。経営者や人事・総務担 当者はもちろんのこと、すべての監督者・管…