運転せずに生活できる代替手段とは〜「買い物」「趣味」「通院」など目的にわけてみる〜

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

高齢の親御さんの運転に不安を感じているご家族から、
「親は高齢だけど、他に交通手段がないから免許返納をしたら生活に困る。」
と耳にすることがあります。

ご高齢で実際に今運転を続けている方は、不安だからと言ってすぐにやめるわけにはいかない場合が多いのではないかと思います。
また、すぐに運転をやめるわけでなくても、体の衰えとともに徐々に運転する頻度が減ったり、移動する範囲が狭くなって困りごとが出ている場合もあるでしょう。
そういった、運転しない生活での困りごとに備えて、代替手段を調べておきましょう。

代替手段を考えるコツは、「買い物」「趣味」「通院」 などの目的に分けて考えることです。
目的を明確にすると代わりの手段を整理しやすくなります。

70歳以上の家族の運転目的

平成17年の警察白書によると、70歳以上の方の運転の目的は「買い物」「通院」が多くなっています。
「通勤のため」や「職業として」、また「家族の送り迎えのため」など、高齢の方ご本人の現在の役割として運転する必要があるものを除くと「買い物」「趣味(遊びに行くため・運転が好きだから)」「通院」  が代表的な目的と言えます。

今回はこれらの3つの目的別に、代替となるサービスなどをご紹介いたします。

1.「買い物」の代替手段は

70歳以上の方の運転の目的で最も多いものは 「買い物」です。
最近は宅配なども増えてきていますが、どういうサービスがあるのでしょうか?

2.「趣味」の代替手段は

運転をしなくなることで、生きがいや楽しみになっている活動ができなくなると、急激に衰えが進んでしまう可能性があります。

今楽しみにしていることをなるべく継続するために、また、新しい楽しみを見つけてもらうために利用できるサービスを紹介しています。
近所でできる楽しみや通いの場だけでなく、オンラインでできるものも増えてきています。

3.「通院」の代替手段は

「通院」だけではなく、市役所へ行く、街まで買い物に行く、など外出時に必要な交通手段。
車で出かけていた場所、車でないといけなかった場所へ行けなくなるのは、困るという方もいらっしゃると思います。そんなときの代替手段をいくつかご紹介します。

CommingSoon

この記事が気に入ったらいいね ! しよう
エイジングリテラシーの最新情報をお届けします

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket